ボディピアスとスタジオ

スポンサードリンク

ボディーピアスは、最近日本の若者の間で人気が高く多くの人が楽しむようになったボディピアスですが、人類の歴史では古くからボディピアスの習慣がありました。それは成人の儀式であったり、男の証であったりしました。それが今のようなファッション性の高いピアスとして誕生したのは数十年ほど前のアメリカでした。ボディピアスは、一般的に知られているピアスとして耳がありますがピアスをへそ、口や舌、鼻やコメカミあるいは眉、性器にも使用することのできるのがボディーピアスです。耳たぶのピアスよりも太く丈夫な造りで人体に害の低い素材をものを使用しています。海外に比べて我々日本人はウィルス感染への知識や関心が低いといわれています。肝炎やHIV感染などの感染拡大を防ぐためにもたかがボディーピアスと侮ることなく、ウィルス感染に対するちゃんとした知識と持ちましょう。消毒法にのっとり、高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)を用いてボディーピアスのための機材などを高圧滅菌しないピアッシングスタジオは、ウィルス感染への関心が低いと考えられます。ウィルス感染の知識があっても滅菌消毒が出来ないのは衛生意識の低いピアッシングスタジオと言えます。

ボディピアスと感染

ボディーピアスは、若者の間で人気で主にファッションとして楽しむようになったボディピアスですが、人類は大昔からボディピアスの習慣があり、意味合いを持った象徴的な目的がありました。たとえば成人の儀式や戦士の証であったりしました。ボディピアスは、耳だけではなくおへそや舌とか口、鼻やボディーの皮膚部分にも使用することのできるピアスです。素材は、人の体に害の無い素材を用います。サージカルステンレス、チタン、ニオビウムほかにも動物の骨や角もありデザインは数知れず存在します。今や病院でさえウィルス感染が心配される時代ですか意外に比べてウイルス感染の正しい知識が乏しいといわれる我々日本人は、たとえボディーピアスといえども、自分の為、愛する人の為にウィルス感染を回避するための知識と意識を持ちましょう。ピアッシングスタジオを選ぶときには最低限、高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)を使いピアッシング機材を高圧滅菌しているスタジオでボディーピアスをおこなうべきでしょう。衛生意識の低いピアッシングスタジオでのボディーピアスの施術はウイルス感染の危険性が高くなるのは言うまでもありません。

ボディピアス スタジオ選びと通販・画像情報

スポンサードリンク

ボディピアス スタジオ選びと通販・画像情報

ボディピアスは最近注目されていて、大変人気があります。ボディピアスの正しい方法やスタジオ選び、通販・画像等、最新の情報をお届けしていきます。